スポンサーリンク
R/Rstudio

Rで変数名を一括で変更するやり方

Rで分析しているとき、変数名の頭に一括で同じ文字を入れたい時があると思います。例えば、介入調査などで同じ質問内容を複数回とるときには、質問項目名の前に’pre_’とか’post_’とか、’time1_’、’time_2’とかをつけると思い...
R/Rstudio

Rで参照した文字列をスクリプトとして実行するやり方

Rで分析する際に、リストの中にある変数名を参照して、それを分析で使用する変数として使用してくれる方法はないかな、と調べていたところ、eval関数を使えば、うまくいけたので、まとめます。 eval関数とは eval関数は...
R/Rstudio

Rで複数の条件分岐をする際にはifelse()を使う

「〇点以上のときは分析対象」みたいな感じで判定を行うときなど、何かしら条件分岐を使うときがありますが、そのたびに、やり方調べてしまったりするので、備忘録的にまとめます。 結論から言うと、Rでは、ifelse()を使います。いつもif...
知恵袋

モバイルSuicaでの支払いにパスコードが必要になったときの直し方

最近、支払いの管理をしやすいように、基本的にSuicaで支払うことにしています。 モバイルSuicaをIphoneに入れていて、パッと支払いできるのでとても便利なのですが、ときどき、なぜかパスコード入力を求められる場合がありました。...
R/Rstudio

ステップワイズ法の重回帰分析をRでやる方法

重回帰分析を行う際、一般的にはより少ない変数で(不要な変数を除いて)、回帰式を作れるようにします。 変数を選択する方法として、ステップワイズ法をRでやる方法について、メモとして記載します。 やり方は非常に簡単でした。 順...
R/Rstudio

RとSPSSで重回帰分析の結果を比較してみた

Rで重回帰分析をしたときに、その結果が正しいかどうか不安なことがあります。今回はSPSSでも同じ分析を行い、その結果を比較しました。SPSSでは自動で出力される標準化係数(β)はRでは一度データセットを標準化しないと出力されないようです。
R/Rstudio

R言語でwide型~long型へのデータ変換のやり方

データ分析をする際,Excelとかgoogleスプシとかでまとめた横長のデータ(wide型)から縦長のデータ(long型)に変換することがちょくちょくあるので,忘れないように備忘録としてまとめます。 wide型のデータとは w...
知恵袋

文字起こしソフトとしてGoogleドキュメントの音声入力を使う方法

Googleドキュメントの音声入力を使って,文字起こしをする方法について簡単に紹介します。 Googleドキュメントの音声入力機能を表示させる Googleドキュメントの音声入力機能は「ツール」→「音声入力」を押すことで表示す...
知恵袋

google ドキュメントの見出し機能の使いかた

Google ドキュメントはオンライン上でドキュメント作成ができる便利なツールです。 Googleアカウントがあればだれでも無料で使うことができ,Microsoft社のwordと似たような操作性なので,利用する人はけっこう多...
知恵袋

データポータルを使った家計簿記録のつくりかた

googleデータポータルはGoogleが提供する無料で使えるBIツールの1つで,簡単なデータ集計を行う上では大変役立つツールです。今回は,データ可視化ツールの1つであるgoogleデータポータルを使ったお金の支出管理表の作り方を紹介しま...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました