R/Rstudio

RやRstudioについて

スポンサーリンク
R/Rstudio

Rでデータ読み込み時に文字化けによるエラーが出たときの対処法

Rで分析のやり方を学ぶ際、書籍やudemyのような動画をもとに勉強する方も多いと思います。 テキストや動画教材の中には、サンプル用データを用意してくれていることがありますが、いざデータを読み込んでみようと思ったら、データが読み込めず...
R/Rstudio

R markdownでknitがうまくいかない場合に試してみること

RではR markdownという機能を使うことで、データ整理から、データ解析、グラフ描画、レポート作成まで、一貫して行うことができます。そんな便利なR markdownですが、出力する際に使うknitという機能が、元々うまくいっていたのに...
R/Rstudio

Why does the R language require “::” before function names?

When analyzing in the R language, two colons may be written before the function to be executed, as shown below. dply...
R/Rstudio

Rで関数の前に::をつけるのなんで?

Rで分析をしている際に、参考書などでは実行する関数の直前にコロン(:)が2つついている場合があります。 例えば、以下のような形です。 dplyr::select(変数1,変数2…変数n, data=dat) これは、dp...
R/Rstudio

Rで出力ファイルに日付を入れる方法

R上で整形したデータや分析結果をその都度.csvや.xlsxに出力したいときは多々あると思います。その際,出力するファイル名にそのタイミングの日付+時刻を入れておけば,前に出力したファイルを上書きすることなくて便利です。そこで,この記事で...
R/Rstudio

Rで変数名を一括で変更するやり方

Rで分析しているとき、変数名の頭に一括で同じ文字を入れたい時があると思います。例えば、介入調査などで同じ質問内容を複数回とるときには、質問項目名の前に’pre_’とか’post_’とか、’time1_’、’time_2’とかをつけると思い...
R/Rstudio

Rで参照した文字列をスクリプトとして実行するやり方

Rで分析する際に、リストの中にある変数名を参照して、それを分析で使用する変数として使用してくれる方法はないかな、と調べていたところ、eval関数を使えば、うまくいけたので、まとめます。 eval関数とは eval関数は...
R/Rstudio

Rで複数の条件分岐をする際にはifelse()を使う

「〇点以上のときは分析対象」みたいな感じで判定を行うときなど、何かしら条件分岐を使うときがありますが、そのたびに、やり方調べてしまったりするので、備忘録的にまとめます。 結論から言うと、Rでは、ifelse()を使います。いつもif...
R/Rstudio

ステップワイズ法の重回帰分析をRでやる方法

重回帰分析を行う際、一般的にはより少ない変数で(不要な変数を除いて)、回帰式を作れるようにします。 変数を選択する方法として、ステップワイズ法をRでやる方法について、メモとして記載します。 やり方は非常に簡単でした。 順...
R/Rstudio

RとSPSSで重回帰分析の結果を比較してみた

Rで重回帰分析をしたときに、その結果が正しいかどうか不安なことがあります。今回はSPSSでも同じ分析を行い、その結果を比較しました。SPSSでは自動で出力される標準化係数(β)はRでは一度データセットを標準化しないと出力されないようです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました